自分の直感力を信じる

仙台でヨガ&アーユルヴェーダsalon OPENの準備をしているMayumi(@mayu_3737)です。

「直感力を信じる」というテーマについてお伝えしたいと思います。

 

私の体験

 

最近、私に起こった話をシェアしながら「直感力」についてお伝えしていきます。

ある方から、「あなたのこれからのキャリアにも役に立つすごい人だと思うから参加した方がいいよ」と言われた講座のようなものがありました。

ただ、その方から共有された内容もイマイチふんわりしていてよく分からない&その方のプロフィールやブログをのぞいてみても・・・全く興味がわかない・・・!笑

その方との関係性上、断りにくい雰囲気はあったのですが、考えた末私は正直に「興味がないので参加しません」と返事をしました。

 

それまでのわたし

 

ヨガやアーユルヴェーダの勉強を始めて最初の頃は、自分の知識が全然足りていない!という不安な気持ちに襲われて、色々ワークショップや講座を探しては、気になるものをせっせと受講してみたりしていた時期もありました。

でも結局参加してみても「ん〜そういうことを知りたいわけじゃないんだけどなぁ」みたいなぼんやりとした不満のようなものが湧き上がってしまうことが多く、ワークショップ疲れみたいになっている状態だったような気がします。

 

学ぶ方法

 

私の師匠のブログにこんな一節がありました。

伝統的なヨガやアーユルヴェーダの学びの方法は、少人数制(理想的には1:1)で集中的に行われるという特徴があります。生徒は一人の先生のそばで何年にもわたって学び教えを得ること、そして学んだことを全て実生活に持ち帰って続けるのです。

 

私が色々参加してみて感じたのは、結局「さあ、明日からこれをやってみよう」と本気で行動に移せたのは、自分の師匠が開催してくれたTTや講座だったなと気付きました。

「行動に移せた」というところが重要で、学びの場に参加することに満足して、変化に挑戦しない人って多いのではないかなぁと(私も含め)思います。

それに気づいてからは、むやみに何でも出る!というスタンスからは解放された気がします。

 

ここで直感力の話

 

じゃあ、そこにたどり着くにはどうしたらいいのか?という話ですが、私たちは自分自身で決めることができる「直感力」を持っていますよね。

「直感力」は誰でも育てることができます。

もともと、あまり迷わない性格ではありますが、私が自分の決める事に迷わなくなったのは、毎日二つの練習を続けるようになってからです。

 

①プラーナヤマ 呼吸法

②瞑想

 

初めの頃は、一日4つのプラーナヤマと5分の瞑想だけ、今は一日6つ(夏は7つ)のプラーナヤマと10分の瞑想を続けています。

 

日々外に向いている意識を内側に向ける時間を意識的に持つ

 

それだけで、自分の中に大きな変化が現れました。

私たちの身体や心ってすごいですよね。

 

TEJAS テジャス

 

テジャスとは、自分たちが望む事に対して「YES」と言い、自分たちに奉仕しないことに対して「NO」と言える能力のことです。

これは、アーユルヴェーダのドーシャ(ヴァータ・ピッタ・カファ)の中でもピッタが整った時の素晴らしい一面です。

ドーシャというと、乱れた時に出てくる悪い方の質にばかり目が行きがちですが、整った時の質も沢山あるのでそれにも目を向けて、自分のドーシャと仲良く付き合うことが大切だなぁと思います。

とはいえ、テジャスも多過ぎればトラブルは起こるので、「何事もほどほどに」が一番大切ですけどね。

 

ピッタのイライラを収める方法

 

ピッタの燃やすエネルギーが強くなりすぎると、現れるのがイライラです。

私も、メインドーシャがピッタなので、乱れてしまうとすぐにイライラモードに突入してしまいます・・・

 

そんな時は、自然のパワーをもらうに限ります。

私は、緑がいっぱいの所や神社などをお散歩してみたり、花や植物の香りのアロマを身につけるようにしてみたり・・・

そんな小さいことでも、ふっと心が柔らかくなるので、ぜひ試してみてください。

 

その後のお話

 

話は、最初に戻るのですが、結局興味がないと思っていた事に「NO」と言ったら、何だかあれよあれよというまにやってみたいことが見つかったり、チャンスが訪れたり、いいことしか起きませんでした。

 

手放せば、必要なことは向かってくるんだなぁ〜と自然が持つ摂理を身をもって体感。

 

なんかうまく行ってないなぁ〜というときは、何かを追加する前に、NOと言ってスペースを作ってあげる。おすすめです。

 

私の場合、例のある方にNOと言った後に「私は、興味がない事に対して、お金や時間をかけるのが勿体無いと感じるので結構です!」と力強く余計な一言を言ってしまったので、それは猛反省してます・・・笑

 

みなさまも、私のように余計な一言にはお気をつけつつ、NOを言える生活にトライしてみてくださいね。

 

Hale Nika ブログをご覧いただき、ありがとうございます♡

Much Love,

Mayumi

 

📷in India

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です