2019年9月23日 アーユルヴェーダ Lunchをお届けしてきました〜♪

仙台でヨガ&アーユルヴェーダsalon OPENの準備をしているMayumi(@mayu_3737)です。

いつもお世話になっているスタジオマカナで Yoga × Ayurveda Lunch 会を開催しました♪

ありがとうございました♪

いつもクラスにも来てくださっている方、前回のランチ会にも来てくださっている方、そして初めましての方も…!たくさんの方にアーユルヴェーダのお食事を食べていただける機会になりました。

我が家の主は NO アーユルヴェーダなので、一緒に食べてくれる方がいることそれだけでとっても幸せです。笑

当日のお品書き

・ひよこ豆のカレー風味

・モロヘイヤ&ツルムラサキ&オクラの塩昆布・梅酢和え

・パープルスイートのごまアチャール

・白米&玄米 →Ghee&岩塩も一緒に炊きました。

・ヨーグルトスープ

・黒ごまのポディ(ふりかけ)→余ったポディはみんなで分けて持ち帰り♪

・パクチーチャツネ

・ラブローフ

・【お土産】カレーリーフ&ゴツコラティー

アーユルヴェーダ的健康とは?

いつもクラスに来てくださっている方には、何度もお話していることですがアーユルヴェーダ的な健康=身体に不調がないことに加えて、自分の人生に積極的に参加したくなる状態を指します。まさに、バランスが取れた状態です。

「調子がいいなぁ」と言うときは、「あれやってみよう!」そういう前向きな気持ちで過ごせますよね。まさにその感じです。

では、健康になるために何をしたらいいのか…?

答えはとてもシンプル。「消化を整えること」です!

食べ物を消化できること、自分に起こることを消化できること、この「消化力」をアーユルヴェーダではとても大切に考えます。

食べ物も経験もしっかり消化して、良いエネルギーを自分の内側に取り込んで、いらないものは外にしっかり出すという作業をスムーズに行えることをとても大切に考えています。

しっかり消化できれば、最後に残るのは Ojas(オージャス)と言う活力。自分の魅力を輝かせてくれる大切な要素です。そして、生殖器の活動にも関わってくるとても重要なものです。

普段の生活や、食生活が乱れると、子宮にトラブルが起きやすい…と感じる方もいるかと思いますが、それはまさにオージャス不足かもしれません。

良い経験をしてみること

「新鮮で旬なものを食べると、こんな気持ちになるんだなぁ」

「焼肉もりもり食べると、こんな気持ちになるんだなぁ」

何か食べた後には、自分の身体や気持ちの面でどんな風に感じるか観察してみるのがおすすめです。

今日初めてアーユルヴェーダごはんを食べたと言う方からこんな言葉をいただきました。

いつも、何を食べてももっと食べたい…という気持ちなんですが、今日の食事はこの量で満たされていると感じました。

バランスの取れた食事は、感覚を満たしてくれます。いつもと違う良い感覚を感じられているというところがとても素晴らしいですよね。

良いと感じたことは続ける、悪いと感じたことは少し遠ざけてみる、一気に全てを変えなくてもそういう気づきを得られる経験を積み重ねることはとても大切だなぁと感じます。

自分にちょっといい経験をしてもらう機会として、ヨガ×アーユルヴェーダごはんの会を続けて行きたいなぁと思っています。

「リラックスした状態で食べる」ことも消化力を高めるためには重要なポイントなので、ヨガの後にアーユルヴェーダのお食事というのがポイントなのです!

いつも、素敵なヨガクラスをしてくれるスタジオマカナのオーナーに感謝です♡

また、冬のお野菜でもランチ会できたらいいなぁと思っていますので、その時はまたご案内させていただきます〜!

本日参加者の皆さんで、お家でも作ってみたいのでレシピを詳しく知りたい!という方はメールでお問い合わせ頂ければ、詳しくお伝えしますので気軽にお問い合わせくださいね。

Hale Nika ブログをご覧いただき、ありがとうございます♡

Much , Love

Mayumi

▼10月のヨガ&アーユルヴェーダクラススケジュールはこちらからチェックしてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です