【アーユルヴェーダクッキング】旬のさつまいもをもっちりに調理する方法

仙台でヨガ&アーユルヴェーダsalon OPENの準備をしているMayumi(@mayu_3737)です。

さつまいもが美味しい季節ですね♪

もともと、甘みのあるお野菜は好きですが、昨年さつまいもにはまってしまい、色んな種類の焼き芋を食べました。

銘柄によって、甘み、しっとり感、ホクホク感など色んな違いがあってとても楽しかったです。

そんなさつまいも Lover の私が最近お気に入りのさつまいもの調理法をご紹介します。

圧力鍋最強!

もともとお料理は好きな方で、圧力鍋も使っていましたが、「アーユルヴェーダクッキング頑張るぞ〜」と思って新しく買ったのが圧力鍋。

これ、とってもいい買い物でした!

ちなみに、私はこれを使っています。

https://www.fissler.jp/jp/products/pressure_cookers/presuure_cookers_top.html

豆の調理はもちろん、さつまいもももっちり仕上がって大満足です。

圧力鍋で作るもっちりさつまいも

私の買った圧力鍋には、蒸し器がセットでついてきたのですが、これがとっても優秀です。

水を1カップ入れて、蒸し器にさつまいもをセット。加圧が始まってから1分で火を止めれば、もっちりさつまいもの完成です!

オイル&スパイスでアーユルヴェーダクッキング

もちろん、そのままでも美味しいのですが、アーユルヴェーダ的アレンジとしては、テンパリングしたオイル&スパイスを蒸し野菜に絡めるというのがとてもシンプルでオススメです。

「オイルとスパイス上からかければいいんじゃない?」と思った方…ちょっと待って下さい!(私も最初そう思いましたけど…笑)

オイルを火にかけて、スパイスを入れてパチパチしますよね。

それはスパイスのプラーナ(生命力)を目覚めさせることです。

せっかく食べるのであれば、スパイスのエネルギーをしっかりいただきたいので、この一手間を忘れずに!

昨日のランチ会でも食べてもらったさつまいも料理

昨日のランチ会では、白ごま+サンフラワーオイル×岩塩・ターメリック・フェネグリークシード・レッドチリ・最後にライムを一絞りしたお料理を味わってもらいました。

圧力鍋があれば、旬のさつまいもももっちり美味しく楽しめますので、ぜひ試してみてくださいね。

HaleNikaブログをご覧いただきありがとうございます♡

Much Love,

Mayumi

▼10月のスケジュールはこちらからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です