【レシピ付】11/21アーユルヴェーダごはん試食会〜かぼちゃとカリフラワーのキチャリー〜

仙台でヨガ&アーユルヴェーダsalon OPENの準備をしているMayumi(@mayu_3737)です。

今日は、ヨガ×アーユルヴェーダごはん試食会でした!

一皿でバランスを整える Kichadi

私が参加したカウアイ島でのトレーニングでは、到着から1週間は毎日&その後も週に1回は キチャリー の日がありました。

それは、消化のバランスを整えるため。

身体の機能をクリアにして、これまで溜めてしまった毒素を排出しやすい身体を作り、マインドもクリアにしてくれます。

まさに、「一皿でバランスを整える」とってもナイスなごはんなのです。

<本日のキチャリー>カボチャとカリフラワーのキチャリー

かぼちゃとカリフラワーのキチャリー♡

【材料】

・白米 …一人分なら1/4カップくらいでも満足感があります。
・ひき割りムング豆
・かぼちゃ
・カリフラワー
・ギー
・岩塩
・(トッピング)パクチー
<スパイス>…一人分ひとつまみのイメージ。アサフェディタはほんの少しでOK。
・シナモンパウダー
・クミンパウダー
・コリアンダーパウダー
・ターメリックパウダー
・カレーリーフ
・マスタードシード
・アサフェディタ
・生姜

【調理方法】

以前、詳しく書いた Blog があるのでこちらをご覧ください。

私は、米×豆とお野菜分けて作って、最後に混ぜるのが好きですが(スパイスの香りがふわぁっとしていてたまらんのです♡)全て一緒に時間差で一つのお鍋でも作ることができますよ。

今回は、色んなスパイスを入れていますが、生姜・ターメリック・クミン・コリアンダー・岩塩だけでも十分美味しくできます!

消化の力は誰でも整えられる

アーユルヴェーダの食事に出会う前の私は、お腹の調子を崩しやすいタイプでした。いつも、お腹ぴーぴーに下してしまう…笑 小さい頃からなので、「それが体質」と思い込んで、ちょっと諦めモードでした。

でも、完全にアーユルヴェーダ食で過ごす1ヶ月を体験し、体質と思い込んでいた不調は、自分の食生活が原因だった…ということに気づくことができました。自分のドーシャ(Vata, Pitta, Kapha)を乱してしまうような選択ばかりをしていたのです。

日本に帰ってきてからは、家族と食事すること、友人と食事することもあるので、完璧なアーユルヴェーダ食の生活とは言えませんが、「あ、なんだか不調になりそうだから整えたいなぁ」「今日は、一人分のご飯でOKだからアーユルヴェーダ食にしよう!」という感じで、ゆる〜く取り入れています。

「アーユルヴェーダ食だと自分の調子が整う」その経験が今の選択につながっていると思っています。

「私がお腹ぴーぴーなのは体質だから」「私が便秘なのは体質だから」「消化が悪いのは体質だから」そんな風に思っている人がいれば、ぜひ一度アーユルヴェーダの食事を食べて、自分の身体がどう感じるのか?そして食べ終わったあと心がどう感じているのか?感じてみてもらいたいなぁ思いながらいつも試食会やランチボックスのお届けをしています。

そして、完璧でなくても、自分を整える方法を知っていることは安心につながります。

自分が心地よくいられる場所を自分で作れるのはとても幸せなことだと思いませんか?

ヨガ×試食会クラスは来週もありますので、もし良ければぜひお越しください〜!アーユルヴェーダスイーツ&ドリンクの予定ですが、ご予約時リクエストがあれば、キチャリーに変更も可能です。

12月は試食会は行わないのですが、また1月から再開しようかなぁと思っていますのでお楽しみに♪

HaleNika ブログをご覧いただきありがとうございます♡

Much Love,

Mayumi

▼ 11月のスケジュールはこちらからご覧ください。

▼ 12月のスケジュールはこちらからご覧ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です