2020年2月11日 アーユルヴェーダ Lunchをお届けしてきました〜♪

仙台でヨガ&アーユルヴェーダsalon OPENの準備をしているMayumi(@mayu_3737)です。

いつもお世話になっているスタジオマカナで Yoga × Ayurveda Lunch 会を開催しました♪

いつも来てくださる方も初めましての方もありがとうございました♪

久しぶりに真っ白な雪に包まれた仙台。足元の悪い中、たくさんの方に来ていただきありがとうございました!

そんな今日は、身体の内側からポカポカ温まる&消化も早い優しいアーユルヴェーダランチをお届けしてきました。

当日のお品書き

・ジンジャーアペタイザー
生しょうが、岩塩、ライム

・キャロット&スパイス混ぜごはん
<Oil> Ghee
<Spice> 岩塩、クミンシード、フェネグリークシード、シナモンパウダー、クローブパウダー、カレーリーフ

・雪菜の和ァ〜ユルヴェーダソテー
<Oil> 白ごま油
<Spice> 生しょうが
<和> 優しい味のポン酢、かんずり

・かぼちゃのオーブン焼き
<Oil> Ghee
<Spice> 岩塩、生しょうが、ブラックペッパー、カルダモンパウダー

・緑豆&カブの煮物
<Oil> Ghee
<Spice> 岩塩、生しょうが、ターメリックパウダー、マスタードシード、アサフェディタ、クミンパウダー、コリアンダーパウダー

・たらの芽のオーブン焼き
<Oil> サンフラワーオイル
<Spice> 岩塩、マスタードシード、ターメリックパウダー

・チャパティ

・タヒニペースト
タヒニソース、生しょうが、はちみつ

・パクチーチャツネ
岩塩、ライム

食べること=癒すこと

アーユルヴェーダでは、食べることは、食べ物が持つプラーナ(生命力)をいただくという考え方があります。

自然のパワーが宿った、丁寧に作られた野菜を味わうと、なんだかホッと優しい気持ちになりますよね。

毎食手作りは難しい…という方も、「食べることは癒すこと」ということを思い出して、その時にできる自分にとってのベストな選択で食べ物を選んでみると身体や心の状態に変化を感じられるはずです。

食べたあと身体はどんな風に感じますか?気持ちはどうでしょうか?

いつもお伝えしていますが、アーユルヴェーダのごはんを食べたあとは、自分の身体が何を感じているのか、食べた後の気持ちはどんな風に感じているのか?自分と対話してみることをお勧めします。

最近は、メディアでも食べ物の健康情報が多く、「○○を食べれば、・・・に効く!」と言った話題も多く、混乱している方も多いのかなぁと思います。

私もアーユルヴェーダの食事を知る前は、そんな一人で、毎回新しい情報を知るたびに、「あれも食べなきゃ、これも食べなきゃ」と焦っていました。

でもその時にできていなかったのは、「何を食べたら自分はどう感じているのか」という自分との対話でした。

有名な先生が言っているから、一般的に言われているから、そう言った情報に惑わされず、自分の身体や心の状態を観察しながら食べ物を選んでみる。

そういう選択ができるようになると、食べ物との関係だけではなく、日常生活での選択も何だかスムーズになる!そんな風に感じています。

私の学んだアーユルヴェーダのお料理はとってもシンプルで作るのも簡単!です。今日、お気に入りの食べ物があった方はぜひお家でもトライしてみてくださいね。

本日参加者の皆さんで、何か聞きたいことがある方はぜひ気軽にご連絡お待ちしています♪

2020年、アーユルヴェーダごはんをもっと体験してもらいたい♪

アーユルヴェーダランチ会を開催させてもらい、このお食事を体験してもらった方からのお声を聞いていると、ぜひもっとこの食事を体験してもらいたいなぁという気持ちが強くなってきました。

2月中に、お引越し予定(と言っても、今のところから10分くらいのプチ移動…笑)なので、アーユルヴェーダごはんの体験会や、簡単なお料理教室なども開催できたらなぁと思っています。

その時は、また告知させてもらいますので、ぜひお楽しみに〜♪

Hale Nika ブログをご覧いただき、ありがとうございます♡

Much , Love

Mayumi

▼2月のヨガ&アーユルヴェーダクラススケジュールはこちらからチェックしてください♪

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です