【レシピ付】ココナッツでクーリング!シンプルアーユルヴェーダごはん

仙台でヨガ&アーユルヴェーダsalon OPENの準備をしているMayumi(@mayu_3737)です。

暖かい日も増えてきましたね♪

これからの季節にオススメなのが、クーリング効果のある食材を使った調理です。

アーユルヴェーダでは、冷たい飲み物や食べ物を食べることは消化の妨げになるのでオススメしていませんが、暑い季節、クーリング効果のある食材を調理に使い、身体をクーリングすることをオススメしています。

クーリング効果のある食材は、主に暖かい時期に収穫される食材、フレッシュハーブ、そしてココナッツオイルやココナッツファインなど南国で収穫されるような食材です。

南国風の香りと、優しい甘味が大好きなココナッツ類。

暖かくなってきたので、そろそろ解禁〜!

シンプルアーユルヴェーダレシピ

<材料>

  • オーグメンティング(滋養をもたらす):カブ、ズッキーニ
  • サンフラワーオイル、岩塩、アサフェディタ、フェネグリーク、コリアンダーパウダー、ターメリックパウダー
  • エクストラクティブ(消化を促す):ケール、カブの葉、スナップえんどう
  • ケール&カブの葉:ギー、マスタードシード、カレーリーフ、クミンパウダー、岩塩、ココナッツファイン
  • ※スナップえんどうは、オーグメンティング料理と同様
  • 国産バスマティライス
  • 手作り梅干し

<作り方>

  • お米を炊飯器にセット。いつもの水の量で炊く。
  • ①オーグメンティング料理+スナップえんどうをオーブントレイに並べ、ひたひたになるくらいの水を入れる。フライパンにオイルとスパイス&岩塩を入れテンパリングし、そのオイルを野菜の上にかける。200度のオーブンで15分くらい焼き、一度かき混ぜたら、もう5分程度焼く。
  • ②葉野菜をカットしたら、フライパンにギーを入れ、スパイス&岩塩を入れる。香りがしてきたらカブの茎を入れ、その後葉、ケールも入れてソテーする。最後にココナッツファインを入れて混ぜ合わせる。

ココナッツファインを入れた葉野菜のソテーは、苦味と甘味を感じるとても優しい味わい。そして、ココナッツの南国風のトロピカルな香りが、2年前行った南インドのアーユルヴェーダ施設の美味しいお食事を思い出させてくれました。

いつの日がまた本場の本当に美味しくて、優しいアーユルヴェーダごはん三昧のあの施設に行きたいなぁ〜♪

※5月〜7月限定開催 アーユルヴェーダごはんを味わう会&クッキングクラスは外出自粛の状況を見ながら開催日を調整させていただく予定ですが、現時点でのスケジュールはこちらからご覧ください。

HaleNika ブログをご覧いただきありがとうございます♡

Much Love,

Mayumi

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です